FC2ブログ
田舎図書館 バックヤードメモ
地方の片田舎の図書館。メモがわりに綴ってみたブログです。本以外の情報もあれこれピックアップ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜のヘルシーおかずはこれ!
20060225045400
卵とじ。あとは食べる直前に卵を入れるだけ。具だくさんです。
あさり、シーチキン、わかめ、ねぎ、畑でゲットしてきた大根葉、豆腐。
かなり、多品目でしょ。
ダイエットにおすすめです。
うちはこのほか、たたきごぼうと水菜とえびのサラダ、ミニカツ少々が今夜の献立です。            食後はゆっくり読書でも。
スポンサーサイト
中学生女子の不思議な伝統
うちの中学校の不思議な伝統。
特に、女子の間で年々受け継がれている規則ならぬ規則をご紹介。

1、「学年によって使えるトイレが決まっている。」
2、「修学旅行に行くまで、リボンは可愛く広げて結んではいけない。」
3、「先輩と同じスポーツバッグを持ってきてはいけない」

トイレは教室に近いところに行くのが普通だけど、ちょうど間にあるトイレは上の学年の場所だそう。
下の学年の女の子たちは、休み時間にダッシュして、特別棟のトイレや、ちがう階のトイレに向かっている。
(図書館の前を走っていく女の子、結構います)

リボンの結び方。これも面白いんですね。
しょぼんと垂れ下がった可愛くないリボンの結び方に、修学旅行にいくまでの1年半ばかりを耐えるらしい。
修学旅行から可愛く広げて結ぶのが解禁になるのは、
「旅行先で自分の学校の制服を可愛く見せて、他校に見劣りしないように。
というプライドが受け継がれているからだそうで。
このあたりの「差別」がありながら、同校の「仲間意識」もあるという面白さに「うーん」とうならされてしまった。

いつぞや、ある先輩と同じスポーツバッグを持っていった1年生、しっかり上級生から注意されたそうな。
親もバッグを買ってやるのに考えなくてはいけないってこと??

お年頃の女の子の間にはなにかと面倒なキマリ事があって、そりゃ大変なんですね。
規則でもないことが。綿々と受け継がれていくっていうのが興味深い。
「私たちがやられたことは、下級生にもやってもらう」という発想が強い限り、無くならない差別でしょうか。
「そんなしょうもないことやめようよ」という人々、毎年いるんですけど。
目標になっても、差別排除はなかなか難しいようで、先生たちも頭を抱えています。

ちなみに図書館でも上級生がのさばっていると、下級生は入り口でこそっと引き返していきます。
そうでなきゃ、結構下級生たちのくつろぎの場になるんですけど・・・。

せめて、図書館内だけでも、フリーな空気にしておきたいものです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『きつねのおきゃくさま』 あまんきみこの文章に魅せられる
物悲しい結末なのに、心ほっかり。

小学校の図書館まつりに招かれまして。
ここでも読みましたよ、絵本。

元来あまりしっとりとした物語って、得意でない。
声質ですかねー、情緒がないっていうか。
ついついいつも、ウケねらいの子ども参加型絵本を選びがちの私の読み聞かせ。

今日はがんばってきつねのおきゃくさまを読みましたよ。

きつねのおきゃくさま

あまんきみこさんは文章にリズムをもたせるのがお上手なんですね。
心地よい響きとリズムにのって、ゆったりと読むと、いつしか子どもたちもシーーーーンとなって聞き入っていました。
ちょっと切ない結末なんですが、愛情が伝わるというか、心に残るというか。読み終えた時、「ほー」というため息に包まれました。

これ、いいおはなしです、ホント。

文字数も少なくて、最小限。言葉が吟味されているって感じですし。
グループへの読み聞かせ向きにもOKです。





テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

大うけ!「うんちの本」
小学校の入学説明会のお手伝いに行きました。
親が説明会やその後の子育て講演会に出席している間、幼稚園以下の小さい子どもたちの面倒を見たときに読み聞かせた絵本が、これ。

『うんぴ・うんにょ・うんち・うんご』
うんぴ・うんにょ・うんち・うんご

「字の読める子も読めない子もいっしょに言ってみようか。
せーのっ!うんぴ! うんにょ!・・・」
なんて大盛り上がりの導入なんですが、あともページをめくるたびの喚声。

絵も楽しいし、内容もとてもわかりやすくて大事なことが書かれている。
読み手にも使いやすい本だと思います。

次の日、早速図書館でもリクエストがありました。
「昨日読んでもらった本、うちの子どもがどうしても読みたいって・・・」
たまたま図書館になかったというと、その子、ベソまでかいていました。

他にもうんち関係の本はいろいろあります。
小学校入学時期の子どもたちがリラックスして学校生活にのぞめる本として、この手の本は、春頃に特におすすめですね。





テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

図書館用品だけど、これは使える
いろいろ使えるブックカバー

埼玉福祉会のブックカバーフィルム

『埼玉福祉会のブックカバーフィルム』

図書館でちょいと購入した本には自分でブックカバーを貼っておりますが、これがなかなか優れもので、いろんなことに使えます。
ファイルの背表紙にタイトルを貼り付けたら、その保護に。
色あせた本の背表紙をやり変えたら、その保護にも。
子どものいる家なら、記念の絵を保存するなど。
裏ワザとしては、色紙(卒業シーズンには大活躍)のコーティングに。(大きい版を使用します)


他にもいろいろ用途はあると思います。
思い思いの大きさにカットして使えるのが便利。
埼玉福祉会のブックカバーは使いやすくてきれいで、本当によいものだと思います。他社の製品と比べてみると、使い心地が違います。

家の本でも大切なものにはこのカバーをかける私。
もちろん、その分は個人で購入してます(^^)
生協などでも似たようなものを売っているけど、1,000円くらいで短かったと思いますし、品質が断然埼玉福祉会の物とは違う!

図書館の仕事しているからこそ、出会った商品ですね。
わが家もそろそろ補充しなくちゃ…。



テーマ:☆おすすめ商品☆ - ジャンル:趣味・実用

子育てのバイブル『子どもが育つ魔法の言葉』
『子どもが育つ魔法の言葉』ドロシー・ロー・ノルト作

『子は親の鏡』という詩、知っていますか?


けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる・・・

などなど、子育ての場面で指針となるような19行の文章が並びます。
有名といえば有名な一冊で、皇太子が取り上げて話題になったこともありましたね…。皇太子一家、さすがに子育てを勉強されているようだな、と思ったものです。
作者のドロシー・ロー・ノルトさんによれば、この詩は『アメリカインディアンの教え』などという名前でも知られているそうで。(この名前については、勝手につけられたもので、誤解があるとのことですが)

親の身で読むと、「なるほど」と思わされることばかりです。
そして、実践しやすい素朴な内容ばかり。
理想としてはわかるけど、現実そうもうまくいかないわな、ということの多い子育てですが、この本を読むとできそうな気がしてきますし、「そうかこんなふうにすればいいんだ!」と、心が落ち着いてくるようです。

親子関係のみならず、教員や子ども対象のボランティア・指導者などなど子どもに関わる全ての人に一読をおすすめできる本です。
私もがんばろうっと。


↓ こちらは文庫版で手に入れやすいです。



テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

読み語りに使える!『エパミナンダス』
ドリフのワザみたい?繰り返しのおかしさの原点を見た

おばさんちにお使いに出された少年エパミナンダス。
「わかったよ、おっかちゃん!」と言いながら、ズレてるのねこの子、何度も失敗してしまう。せっかくのプレゼントをことごとくめちゃくちゃにして持ち帰る。最後には・・・。
でもめげずに「わかったよ、おっかちゃん!」のフレーズが、どうもドリフの志村けんのイメージに重なってしまうのは私だけ?
ドリフのDVDの見過ぎかな。
(でも面白いんですもん。)

この『エパミナンダス』は、東京こども図書館が編集したレッキとしたおはなしの本なので、読み聞かせにはかなりオススメです。

私の実践によれば、子どもに大うけでした。
もちろん、自分自身が気に入っておもしろおかしく読めたせいでしょうが。



テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

トラバテーマ『1年後の自分への手紙』に関する本は?
『1年後の自分への手紙』を書くとしたら?・・・こんなテーマで本を探してみました。

1年後、と断定してしまうとなかなか見つからないので、ちょこっと範囲を広げて『未来への手紙』とすると、こんな本たちがピックアップされました。

『空色の地図』 梨屋アリエ・作
8歳の時に自分に当てて描いた手紙が、中学3年になった自分のもとへ突然届く。いったいどうして今ごろ・・・というお話ですって。

『レターズ・トゥー・ミー』 アレックス・ロビラ・作
   ベストセラーになった『GOOD LUCK』の作者だということで、かなり人生訓満載。読んでソンはなさそう。

じっくり探せば他にも見つかりそうです。

1年後の私、まだ本さがししていますか?
自分磨き・ボランティアなどなどしていますか?






テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

『バッテリー』シリーズの魅力
きらきらひかる中学生!
主人公・巧のストイックなまでの野球への情熱にひかれました。
友情やら人間関係やら、そんなことにはとんと無頓着で不器用な巧。ピッチャーとして並外れた才能を備えている、という点はちょっとマンガ度が高すぎる気もしますが、全体的にエンターテイメント性の強い作品なので、それもアリでしょうか。
日ごろから中学校の生徒たちを見ていて感じていたまぶしさっていうのかな、どの登場人物にも強烈に意識させられた作品です。(大人の描写については結構型どおりなんですが)

棚にあっても、いつのまにか次々と貸し出されていく人気です。
文庫化、コミック化もされていますね。



この著者の最新刊、注目の文芸書はこれ『弥勒の月』
【予約】 弥勒の月

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

皇室の本  この本の存在価値は今後??
昨年、図書館に入った本です。
数日、『紀子様のご懐妊』が依然話題となっていますけど、こうなると雅子妃の立場も気になってきますよね。
いろいろと苦労の多い道程を歩む皇室女性の姿。特に美智子妃と雅子妃の様子を過去の写真をふんだんに取り入れたこの冊子。
昭和30年代の美智子妃や皇太子の様子も、きれいなカラー写真というのが、やっぱり皇室!
庶民とは違うなあと思いました。

ただ、美智子妃も雅子妃も紀子妃もみな母親には違いなく、子どもを見つめる目は一般の母親たちと同じ。
それだけに、政治的な紛糾が物悲しい気がします。








テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

体がかたい・・・!
話題のピラティス始めてみようかな・・・
図書館の仕事というと体力とは無縁のように思われるかもしれませんが、どうしてどうして、結構、本って重いんですよね。
欲張ってがんばってたくさん抱えた日には腕も疲れる足も棒…なんてことも。
「あー。あちこちコッタなあ」と思ったら暇暇に自己流ストレッチをするようにしているのですが、私、体がかたいんですね、もともと。
股関節なんてお話にならないくらいカチカチで。
これじゃあいけないなあというわけで、もっと積極的に正しく体のことを考えようと思い、目についたのが『ピラティス』です。

今、ちまたで話題のエクササイズ、ダイエットにももちろん、体のゆがみを治すのにもよいそうで、若い女性から徐々に取り入れられているようです。
近くの公民館でも、春頃から『ピラティス教室』が始まるという噂もあり、行ってみようかな、と思っています。
まずはね、本で勉強してから…というわけで、これらの本は私もこれから読もうと思っているところです。
めざすは、開脚でぴたっと床に胸のつく柔らかい体!!(^・^;)




テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

風の谷のナウシカ  図書館にこっそり置きました
13年かけて集めたシリーズ
宮崎駿さんが13年という長い月日をかけて完成させたシリーズ、私も高校時代から地道に集めてきました。


全7巻ですが、次の巻が出るまでにどれほど待たされたことか。
もう忘れたころにやっと出る、ということの繰り返しでしたね。
OLになってからも集め続けたくらいですから。

映画は有名ですが、原作本ではお話がかなり違いますし、映画版よりあとの話がスゴイです。大人が読んでもぐんぐん引き込まれる壮大な世界観。
主人公であるナウシカはもちろん、人と蟲と森とが渾然一体となって最終巻へ突入していきます。
必見です…というわけで、思い入れ十分に集めた7冊ですが、是非他の方にも読んで欲しくて、こっそりと中学の図書館の片隅に置いてきました。

白黒で地味なコミックですが、内容の厚みに気がつけば、中学生でも読み進まずにはいられないと思います。



テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

PTA役員選出の季節
どんなあいさつしたらいいかな?
2月もなかばになると、学校関係では親たちの動きが微妙な時期を迎えます。

新年度の役員決め!

そして、図書館にはちらほらと役員の交代に伴って、「あいさつ」関係の本を求める人が訪れます。
旧役員さんのあいさつ、新役員さんのあいさつ、仕事の内容について、などなど、スピーチや報告文、お礼の文面に思案する人も多いようです。

PTA役員として身に付けておきたいマナーやルールの本も貸し出しが伸びますね。
「正しい日本語」や「言葉づかい」の本なども、この機会に読んでおくとあとで恥をかかなくてよいかな、と思ってお勧めしています。

私自身も図書館でしょっちゅう「立ち読み」しています・・・(^^;)







テーマ:日記 - ジャンル:日記

DANパネ団のパネルシアター公演
子どもたちに人気のパネルシアター
図書館主催の催し物、年にいくつか考えてやりますが、今回はパネルシアター。
近隣で有名なボランティアサークル(DANパネ団)のみなさんにきていただきました。

DANパネ団のパネルシアター公演


なにしろこの田舎では初めてのパネルシアター公演です。

パネルシアターを知っている子どもも少なく、親世代もあまりご存知ありません。
(パネスシアターとは?  参照…http://ww6.tiki.ne.jp/~danpane/panel.htm


学校関係に案内を配ってようやく人を集めました。

でもでもどうしてどうして、やっぱり面白かったです!
『ふしぎなたまご』『バナナのおやこ』『ト・ト・トイレ』『おばけなんてないさ』などなど、子どもの視線も親の視線も釘付け。
最後の『きたかぜこぞうのかんたろう』のブラックシアターには「なんだか涙が出そうになった」と感激した人もいたほど。

いっしょにワイワイと歌って笑って素敵な1時間でした。

図書館関係でイベントをするのは大変ですが、見た人聞いた人に感動を与えるものを紹介できるっていいですね。

私たちはいい仕事させてもらっているなあ、と喜びにひたったのでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ダイエット向きレシピ
田舎図書館の司書、今夜のおかずはこれです。

20060203020600
山菜や海藻は好きです。カロリー的にはダイエット向き。ご飯にも合う素朴な味がよいかと。

作り方は簡単です。

材料(水煮ぜんまい・にんじん・こんにゃく・水煮たけのこなど)

材料を適当に切る。
こんにゃくをからいりする。
ぜんまいを少量のあぶらで炒める。
他の材料を入れて炒め合わせて、しょうゆ・砂糖・みりんで味付け。
水分がほどよく飛べばできあがり。

田舎の味です。

ヘルシーな献立を考えるとき手元に一冊あると便利なレシピ集。
図書館でオススメすることはするのですが、料理するとなると汚れも心配です。
ご家庭用には、自分で買った本を使う方が安心ですね。




テーマ:うちのレシピ - ジャンル:結婚・家庭生活

手間いらずな一品のサンプル
20060203020000
本のことならともかく、余分なことに手間をかけたくない人向けです。私にはびったり。
弊店売れ筋ランキング第2位!アクア・ラ・シトリ260ml(Lタイプ)
山忠という会社が出している『アクア・ラ・ビュー』という商品で、「洗い流すタイプの美容液」って言うのだそうです。
洗うこともできて、化粧下地にもなって、ローションとしても使えるなんて、化粧関係に手間ひまかけたくない自分のような人間にはぴったりだなあと思います。
使い心地もびっくりするくらいシットリで幸せな感じでした。
なにより値段が安いと思います。

気になる方は調べて試してみてください。

<ネットで売っていますが、サンプルは無料で取り寄せできました。

http://www.rakuten.co.jp/toei-tsusho/484603/484657/484663/#452683

スキンケアなどはそれこそ世の中にあふれるほどあって、図書館の本などは古いものが多いのでとてもおすすめできませんが…。
購入するとしたら、分野をしぼって探してみましょう。

例キーワード)・簡単なスキンケア
       ・美白美肌
       ・アトピー肌
           などなど


 



テーマ:ショッピング - ジャンル:結婚・家庭生活

役割・仕事を考える本
『ライオンのしごと 』 竹田津 実・作 
『ライオンのしごと』 竹田津 実・作  あべ弘士・絵

生きることが仕事なんだね

中学でブックトークに使用した一冊です。
「仕事」をテーマにしたブックトークでしたっけ。
とにかく。
引き込まれるような力強い絵柄と骨太のストーリーに感動しました。
土の匂いの立ち込める草原や森の奥深さを感じるとともに、動物たちがどうやってそこで生き抜いているのかについて考えさせられました。

力のある絵本にはやっぱり子どもは食いついてきますね。
そして、こちらの本に対する思い入れが強いほど、本のよさは伝わるものなんだ、と思いました。

小学生くらいからオススメの本です。



テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

田舎図書館司書

Author:田舎図書館司書
片田舎の小さな図書館で司書をしています。
学校図書館にも出向きます。
本のある生活を綴っていきます。
図書館をぶらり歩きするようにゆっくり、ゆっくり・・・。

窓から見える緑に深呼吸、今日もいい日になりそうです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



楽天で探す
楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。