FC2ブログ
田舎図書館 バックヤードメモ
地方の片田舎の図書館。メモがわりに綴ってみたブログです。本以外の情報もあれこれピックアップ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぼくを探しに』 シルヴァスタイン・作
やっぱり中学校で、入学ほやほやの新1年生を前に読んだ本です。

どこまで転ぶかわからない、でも何かを探して転がっていく…という設定がいじゃないですか。
何かを探して…というところに意味があり、オチがあるんですが、そこが大人でさえ「なるほどなあ」と思わせてくれるポイントです。

絵は極端といえるほどシンプルでこれこそ大勢を相手にしての読み聞かせにぴったり!!?
実は4才児にもウケました。
7才児は、この本に触発されて自分でも似たようなストーリーの落書本を早速作っていました。



続編というかシリーズ2冊目もあり、こちらもオススメです。



続編はさらにうんちくが深い気がします。
2冊読み終えるのはあっという間だけど、ずっとココロに残ってしまうのはこのシンプルな形のせいでしょうか?

図書館にあって、ずいっと存在を感じさせる絵本たちです。




スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://inakashisho.blog48.fc2.com/tb.php/2-ecb644ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

田舎図書館司書

Author:田舎図書館司書
片田舎の小さな図書館で司書をしています。
学校図書館にも出向きます。
本のある生活を綴っていきます。
図書館をぶらり歩きするようにゆっくり、ゆっくり・・・。

窓から見える緑に深呼吸、今日もいい日になりそうです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



楽天で探す
楽天市場


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。